FueraDentroが European Design 2012 に出展 - 東京

17-10-2012

高機能&高品質デザイン – ヨーロッパ発

約40社のヨーロッパのインテリアデザイン関連企業が、EUの支援を受けて2012年10月29日から11月2日まで訪日し、日本市場でのプレゼンス確立を目指して活動します。1週間の活動期間中に参加者は、日本のインテリア小売市場の現状についての概観や、日本の小売店へのアプローチや取引の方法といった実践的知識を得ると同時に、東京および近郊のセレクトショップや百貨店などを視察して日本のインテリア市場を直接体験します。また、主要イベントとなるのは、ヒルトン東京で2日間開催される第4回「european design」への出展です。「european design」は、ヨーロッパのインテリアデザインを紹介するための高級ブティックスタイルの展示商談会で、厳選された個性あふれる高品質なデザインが展示されます。業界関係者にとってこの展示商談会は、最新のEUデザインに触れてインスピレーションを得ると共に、既存の取引企業との交流を深め、ビジネスチャンスを発掘する絶好の機会となります。また、展示商談会では、テキスタイルをはじめ、敷物、屋内/屋外家具、照明、テーブルウェア、陶器、インテリアアクセサリーなど、機能的で飽きのこない斬新な製品が幅広く紹介されます。

FueraDentroは、現代的な屋外ファニチャーを製作するオランダのファニチャーデザインハウスで、その製品は室内用途にも適しています。FueraDentroとは、スペイン語で「外側、内側」という意味で、当社がデザイン、製造するすべてのファニチャーコレクションのインスピレーションになっています。当社は10年以上前に設立されており、本社は、アムステルダムで象徴的なプリンセングラヒト運河に面した地域に位置しています。

一流の有名デザイナー、有能な新人デザイナーたちを支援、養成しながら、かれらのアイデアを高品質の製造プロセスに移し、やがて最終製品としてお客様の元にお届けしています。

今回の展示会では、チーク材のDobleテーブルとDobleベンチを新しいButaqueチェアと組み合わせて展示する予定です。これらすべてのパティオ用ファニチャーはCimaコレクションに属する製品で、Hendrik Steenbakkersによってデザインされています。また、Jan des BouvrieがデザインするShellコレクションからは、Shell Easy ChairとShell Side 50をご紹介します。

www.fueradentro.com/news/

 

日時:2012年10月31日(水)12:30~20:00、11月1日(木)10:00~18:00
会場:ヒルトン東京4F菊の間、〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-6-2
入場:無料(www.europeandesign.jpより事前登録が必要です)

EU Gateway Programmeについて  
「EU Gateway Programme」は、日本企業とのビジネス発展に取り組むEU企業を支援するため、欧州連合の予算により運営されています。このプログラムは、EU加盟国の企業を日本に紹介するとともに、日本企業の皆さまが実績あるEU企業の製品・技術に触れ、情報交換や実際の商談を行う機会を提供しております。詳しくは、Webサイトをご覧ください:www.eu-gateway.jp 

お問い合わせ 
EU Gateway Programme事務局:Nele Duprix:03 5228 0630

 

 

 
< ニュースの概要に戻る